九州北部豪雨 ボランティア

九州北部豪雨、の災害ボランティアに行ってきます

  九州北部豪雨、の災害ボランティアに行ってきます   2017年7月5日~6日、九州北部に記録的な大雨が降った。九州北部豪雨である。観測史上最大の降水量を記録したところもある。その大量の雨が原因で、各地は災害に見舞われることとなった。   htt...
異能vation 2次選考 プレゼン

異能vation、の2次面接の練習を始めます

  異能vation、の2次面接の練習を始めます   変な人を日本政府が支援するプログラム「異能vation」の破壊的な挑戦部門には、1次選考と2次選考がある(ジェネレーションアワード部門は書類審査だけ、だと思う)。   破壊的な挑戦部門の1次選考...
異能vation 英語試験

異能vation、ぼくの応募内容をコソッと紹介します

  ぼくには、「日本人の英語を変える、ノンネイティブの英語を変える」という夢がある。   その夢を実現する手がかりとして、異能vationに応募した。具体的な応募内容は、結果が発表されるまで、公表することを避けたいが、8つの応募のうち1つを概要を説明してみたいと...
異能vation 協賛企業 マッチング

異能vation、の協賛企業になりました

  異能vation、の協賛企業になりました   前回の記事「異能vation、の協賛企業になりたい」で宣言したように、異能vationの協賛企業に加えてもらうために実際に行動したところ、ぼくが代表取締役を務める株式会社道(タオ)が、異能vationの協賛企業になること...
異能vation 破壊的な挑戦部門

異能vation、の破壊的な挑戦に応募してみた

  異能vation、の破壊的な挑戦に応募してみた   日本政府が変な人を支援する「異能vationー破壊的な挑戦部門」の申請書が書き終わった。   書いた申請書は、4つ!武井壮さんからいただいた勇気と元気のおかげで、なんとか書くことができました。...
異能vation ジェネレーションアワード

異能vation、のジェネレーションアワードに応募してみた

  異能vation、のジェネレーションアワードに応募してみた   日本政府が変な人を支援する「異能vationージェネレーションアワード部門」の申請書が書き終わった。   書いた申請書は、4つ!武井壮さんからいただいた勇気と元気のおかげで、なんと...
異能vation 申請書

異能vation、の申請書を書いています

  異能vation、の申請書を書いています   日本政府が変な人を支援する「異能vation」の申請書を書いている。   記事「日本政府が「変な人」を支援するプログラム、に応募します」の中で、異能vationには「ジェネレーションアワード部門」と...
異能vation 応募

異能vation、に応募します

  日本政府が「変な人」を支援するプログラム   異能vationの存在を知っている人は、どれぐらいいるだろうか?   異能vationは、総務省が2014年から行っている「変な人を国が支援する」プログラムのことである。   ...
商標が思ったよりも身近だった件

商標が思ったよりも身近だった件

  商標が思ったよりも身近だった件   トランプ米国大統領がツイッターで使った covfefe という単語が商標登録された。Coverageという単語の入力ミスがcovfefeになったという説が強いが、この単語はロシアとの間で取り交わされる暗号だという説もある。 ...
医学部長からお褒めの手紙をいただいた件

医学部長からお褒めの手紙をいただいた件

  医学部長からお褒めの手紙をいただいた件   ぼくは、オーストラリアで温かい医者になるという夢を追いかけています。西オーストラリア大学・医学部での勉強も後1年で終わってしまいます。卒業後は、インターン生になるわけですが、社会的にはひよっこながらも「医者」になるわけです...
英語 ビジネス

英語ドリームをかなえるためにビジネスを学ぶことにした

  英語ドリームをかなえるためにビジネスを学ぶことにした   ぼくには英語で叶えたい夢がある   ぼくには、 オーストラリアで温かい医者になる という英語ドリームがある。   ぼくはこの英語ドリームを実現するために ...
著書第8弾『ウルルん・ツアーガイド日記』

著書第8弾『ウルルん・ツアーガイド日記』

  著書第8弾『ウルルん・ツアーガイド日記』   陽の当たり方によって 濃淡がはっきりと変わる 鉄を含んで赤みを帯びた砂岩   枯れ草、枯れ木の あいだをニョロニョロ 猛毒キングブラウン   カタジュタ...
著書第7弾『豪州永住権の手引き』

著書第7弾『豪州永住権の手引き』

  著書第7弾『豪州永住権の手引き』   だいたい6ヶ月で取ってるね かかっても1年以内だね オーストラリアの永住権   あなたとコーヒーを飲みながら 交わすたわいのない会話は 実現することがあまりない   ...
著書第6弾『豪州医学部受験必勝法』

著書第6弾『豪州医学部受験必勝法』

  著書第6弾『豪州医学部受験必勝法』   オーストラリアで医者になる そう心に刻み込んだのは 福島震災後のボランティアだった。   津波が無造作に積み上げた 瓦礫の下から漂ってくる 生き物の腐乱臭   ...
著書第5弾『サイエンティストのお仕事』

著書第5弾『サイエンティストのお仕事』

  著書第5弾『サイエンティストのお仕事』   よく買い物に行った スーパーの隣に 古びれたたこ焼き屋があった。   黄色のビニール屋根に 「大阪名物タコ焼き」と 赤色のゴシック体で書かれている。   ...
著書第4弾『豪州大学留学のすゝめ』

著書第4弾『豪州大学留学のすゝめ』

  著書第4弾『豪州大学留学のすゝめ』   ジャカランダの花びらが舞う 大学のキャンパスを歩いていると 時間の流れがすこしだけ塩味になる。   ロマネスク様式の建物である ウィンスロップホールの中に入ると その味が甘味に変わ...
著書第3弾『高校中退者が大学受験 しかも海外2カ国で』

著書第3弾『高校中退者が大学受験 しかも海外2カ国で』

  著書第3弾『高校中退者が大学受験 しかも海外2カ国で』   飛行機の窓から 空港の屋上デッキを見ると あいつらが手を振っているのが見えた。   飛行機はゆっくりと動き始め まるで赤の他人が街ですれ違う時のように 無言で空...
著書第2弾『語学る?留学る?』

著書第2弾『語学る?留学る?』

  著書第2弾『語学る?留学る?』   How are you? I am fine. Thank you. And you?   語学留学する前は こんな会話さえも ぼくの頭には浮かばなかった。   ...
著書第1弾『ぼくが高校を辞めた理由』

著書第1弾『ぼくが高校を辞めた理由』

  著書第1弾『ぼくが高校を辞めた理由』   ぼくらの関係がまだ青かった頃 なんで高校中退したの? と、あなたは聞きましたね。   ぼくの中の虚栄心がムッとして じゃあ、なんで高校に行ったの? と、答えましたね。 &n...
オーストラリアの医学生が休学中にやっていること→出版まで1日

オーストラリアの医学生が休学中にやっていること→出版まで1日

  オーストラリアの医学生が休学中にやっていること→出版まで1日   高校を辞めたときは ジョーブログのジョー君の ような生き方をしようと思っていた。   でも 自分の人生がどうなるかなんて 自分の力だけで描けるもんじゃない...

フォローありがとう

1フォロワーフォロー
3フォロワーフォロー
77フォロワーフォロー
179購読者購読

最新の記事

ひろのお勧め記事

英語力

真の英語力とは?

  真の英語力とは?   「英語力」。   英語を勉強している人の中に、この言葉を目にしたことが無い人はいないのではないだろうか?でも、あなたは「英語力とはなんですか?」と聞かれて、「英語力とは、・・・です」と明確な定義を持っているだろうか? ...
異能vation 協賛企業 マッチング

異能vation、の協賛企業になりました

  異能vation、の協賛企業になりました   前回の記事「異能vation、の協賛企業になりたい」で宣言したように、異能vationの協賛企業に加えてもらうために実際に行動したところ、ぼくが代表取締役を務める株式会社道(タオ)が、異能vationの協賛企業になること...
医学部長からお褒めの手紙をいただいた件

医学部長からお褒めの手紙をいただいた件

  医学部長からお褒めの手紙をいただいた件   ぼくは、オーストラリアで温かい医者になるという夢を追いかけています。西オーストラリア大学・医学部での勉強も後1年で終わってしまいます。卒業後は、インターン生になるわけですが、社会的にはひよっこながらも「医者」になるわけです...

漫画【日本人の英語をネイティブにする】

  漫画【日本人の英語をネイティブにする】は、 漫画【ブラックジャックによろしく】の 作者・佐藤秀峰氏が運営する 佐藤漫画製作所の許可を得て、 異能vationの応募書類として提出したものです。   フルスクリーン表示すると(一番右端の箱をクリック)読みやすいです。   漫画【日本人の英語をネイ...
東京オリンピック 英語 仕事

東京オリンピック、英語を生かせる5つの仕事

  東京オリンピック、英語を生かせる5つの仕事   (1)ボランティア   仕事と書いておきながらボランティアか、と落胆してはいけない。ボランティアはお給料はもらえないものの、だれでも「東京オリンピックに参加する」ことができる仕事なのだ。そのうえ、ボランテ...
Messenger icon
メッセージを送る