オーストラリアの医学生が住む「我が家」

オーストラリアの医学生が住む「我が家」

  オーストラリアの医学生が住む「我が家」   Rural Clinical Schoolに参加すると、 学生に住居が与えられれる。   場所にもよるが、 ブルームは学生2人が共同生活できる 2DKのアパートが与えられた。 ...
オーストラリアの医学生がへき地でパスしなければいけない10の課題

オーストラリアの医学生がへき地でパスしなければいけない10の課題

  オーストラリアの医学生がへき地でパスしなければいけない10の課題   Rural Clinical Schoolの宿題は とても大変だ。   羅列すると、 REFLEX reviewと呼ばれる患者さんのレポートを最低60ケース。...
オーストラリアの医学生が日本で起きた大量殺人について考えること

オーストラリアの医学生が日本で起きた大量殺人について考えること

  オーストラリアの医学生が日本で起きた大量殺人について考えること   病院にいると、「ひろ、あの事件をどうなった?」とよく聞かれる。   そう、日本の障害者施設で起きた大量殺傷事件のことを聞いているのだ。   事件とその背景のことを...
オーストラリアの医学生が見たブルームの真珠祭り

オーストラリアの医学生が見たブルームの真珠祭り

  オーストラリアの医学生が見たブルームの真珠祭り   ブルームには、 真珠祭りという催し物がある。 名前もそのまま、Shinju Matsuriである。   一年に一回行われ、 観光客などの訪れとともに 盛大な祭りとなる。...
オーストラリアの医学生が先住民の医療格差を埋めるためにやっているプロジェクト

オーストラリアの医学生が先住民の医療格差を埋めるためにやっているプロジェクト

  オーストラリアの医学生が先住民の医療格差を埋めるためにやっているプロジェクト   以前の記事で、 オーストラリアの医学格差の問題に触れた。   問題(前記事より抜粋) 同じ人オーストラリア人なのに、 非先住民と先住民という違いだけで、...
オーストラリアの医学生がへき地で受ける「小児科」の教育

オーストラリアの医学生がへき地で受ける「小児科」の教育

  オーストラリアの医学生がへき地で受ける「小児科」の教育   産婦人科が終わると、 つぎは小児科のロテーションに入る。   ぼくが医学部3年生を過ごしているブルームにも、 たくさんの子供たちがいる。   お母さん...
オーストラリアの医学生が見たへき地ブルームの週末マーケット

オーストラリアの医学生が見たへき地ブルームの週末マーケット

  オーストラリアの医学生が見たへき地ブルームの週末マーケット   ぼくの土曜日は、 7時起床で始まった。   毎週土曜日に行われている ブルーム・マーケットに行くためだ。   マーケットは地方裁判所の敷地内で行わ...
オーストラリアの医学生がへき地のGibb River Roadを旅した話

オーストラリアの医学生がへき地のGibb River Roadを旅した話

  オーストラリアの医学生がへき地のGibb River Roadを旅した話   医学部3年の前期と後期の休みに、 同級生たちとキャンプ旅行をした。   ブルームからカナナラを往復する 10日間の旅だ。   ぼくら...
オーストラリアの医学生が見たクロコダイル・パーク

オーストラリアの医学生が見たクロコダイル・パーク

  オーストラリアの医学生が見たクロコダイル・パーク   ブルームは毎年、 「クロコダイルがビーチに出た」 というニュースがある。   今年も例にもれず、 ケーブルビーチで クロコダイルがのっそのっそ歩いているところを ...
オーストラリアの医学生がへき地で受ける「産婦人科」の教育

オーストラリアの医学生がへき地で受ける「産婦人科」の教育

  オーストラリアの医学生がへき地で受ける「産婦人科」の教育   Rural Clinical Schoolの3か月目は、 Broome Hospitalで産婦人科研修である。   ぼくの産婦人科の初日は、 忘れられない経験となった。 ...
オーストラリアの医学生がへき地で受ける「先住民医療」の教育

オーストラリアの医学生がへき地で受ける「先住民医療」の教育

  オーストラリアの医学生がへき地で受ける「先住民医療」の教育   Rural Clinical School が始まって 3か月が経った。   最初の1か月目は Broome Hospitalで外科・内科の医療研修。  ...
オーストラリアの医学生が小型セスナ機に乗って「空飛ぶ医学生」になった話

オーストラリアの医学生が小型セスナ機に乗って「空飛ぶ医学生」になった話

オーストラリアの医学生が小型セスナ機に乗って「空飛ぶ医学生」になった話 オーストラリアの中でも、 へき地中のへき地にある小さな町のひとつ、 Bidyadangaの町へ医療活動に行ってきた。 ブルームの小さな空港から 35分ぐらい南下にフライトしたところに Bidyadangaはある。 ぼ...
オーストラリアの医学生がへき地の新聞の一面を飾った話

オーストラリアの医学生がへき地の新聞の一面を飾った話

  オーストラリアの医学生がへき地の新聞の一面を飾った話   ブルームの新聞に載ってしまった。   それも、一面記事に、写真付きで。 英語が読める方はこちらをどうぞ。   ぼくは、医学部の3年生を ブルームという田...
オーストラリアの医学生がへき地でカラオケに行った話

オーストラリアの医学生がへき地でカラオケに行った話

  オーストラリアの医学生がへき地でカラオケに行った話   Broomeから約220キロ離れたDerbyで 臨床スキルのWorkshopがあった。   医学部が所有するトヨタの4WD自動車を借りて、 学生8人でブルームから約2時間30分かけて移動した。   Workshopは2.5日間あり、 朝8時...
オーストラリアの医学生がへき地で出会った先住民の話

オーストラリアの医学生がへき地で出会った先住民の話

  オーストラリアの医学生がへき地で出会った先住民の話   ブルームにいるRCS(Rural Clinical School)の同級生たちと一緒に、 映画『Bran Nue Dae』を観た。   オーストラリアの先住民である アボリジニーの少年が主人公の映画である。   話のあらすじは、 ブルーム出...
オーストラリアの医学生がへき地で一緒に生活する同級生

オーストラリアの医学生がへき地で一緒に生活する同級生

  オーストラリアの医学生がへき地で一緒に生活する同級生   2016年は、ブルームで7人の同級生と臨床の勉強をする。   ぼくの大学の西オーストラリア大学の学生がぼくを含め5人、 そしてノートルダム大学フリーマントル校の医学生が3人がいる。...
オーストラリアの医学生が2900kmをドライブしてへき地に向かった話

オーストラリアの医学生が2900kmをドライブしてへき地に向かった話

オーストラリアの医学生が2900kmをドライブしてへき地に向かった話   医学部2年生を無事に終えたぼくは、 医学部3年生・Rural Clinical Schoolの舞台となる ブルームまでドライブした。     パースからブルームまで、 できるだけ海岸線の道を選びながら、 約2900キロの道を...
オーストラリアの医学生がへき地で行う課外活動

オーストラリアの医学生がへき地で行う課外活動

  オーストラリアの医学生がへき地で行う課外活動   Rural Clinical School (4)の記事で、 You can do it!というNPO団体と プロジェクトを遂行する予定だと書いた。   先方からプロジェクトの許可が...
オーストラリアの医学生が奨学金をもらったために進路変更をした話

オーストラリアの医学生が奨学金をもらったために進路変更をした話

オーストラリアの医学生が奨学金をもらったために進路変更をした話 2016年は、パースを離れ、 ブルームで1年間勉強することになった (留年しないことが前提)。 ぼくは最後まで、 ブルームに行くか、 パースでiPS細胞の研究を選択するか、 近所のカフェでコーヒーを飲みながら迷っていた。 ...
オーストラリアの医学生が受ける「へき地医療」の教育(結果発表編)

オーストラリアの医学生が受ける「へき地医療」の教育(結果発表編)

オーストラリアの医学生が受ける「へき地医療」の教育(結果発表編) Rural Clinical Schoolの 結果発表のメールが届きました。 まだ、中身は見てません。 それでは、メールを開けて、 結果を包み隠さず みんなにシェアしていこうと思います。 メールをぽちっとな。 We ar...

フォローありがとう

3フォロワーフォロー
3フォロワーフォロー
82フォロワーフォロー
197購読者購読

最新の記事

ひろのお勧め記事

難しさは司法試験並み?合格率10%の英検1級を90%以上の成績で合格する方法(ボキャブラリー編)

難しさは司法試験並み?合格率10%の英検1級を90%以上の成績で合格する方法(ボキャブラリー編)

  難しさは司法試験並み?合格率10%の英検1級を90%以上の成績で合格する方法(ボキャブラリー編)   ぼくは高校英語についていけなかった高校中退者である。   それでも、高校中退後の終わってしまった人生から一発逆転を狙うために、真剣に英語の勉強...
【対談】脳科学者なかたにひろのりxごとうひろみち「英語の達人になるためのヒント」

【対談】脳科学者なかたにひろのりxごとうひろみち「英語の達人になるためのヒント」

  【対談】脳科学者なかたにひろのりxごとうひろみち「英語の達人になるためのヒント」   ぼくは、オーストラリアに永住するまで、日本の理化学研究所脳科学総合研究センターで働いていた。ぼくが「日本人の英語を変える」という夢を持ち始めたきっかけは、大学院生、テクニカルスタッ...
英語力

真の英語力とは?

  真の英語力とは?   「英語力」。   英語を勉強している人の中に、この言葉を目にしたことが無い人はいないのではないだろうか?でも、あなたは「英語力とはなんですか?」と聞かれて、「英語力とは、・・・です」と明確な定義を持っているだろうか? ...
異能vation 協賛企業 マッチング

異能vation、の協賛企業になりました

  異能vation、の協賛企業になりました   前回の記事「異能vation、の協賛企業になりたい」で宣言したように、異能vationの協賛企業に加えてもらうために実際に行動したところ、ぼくが代表取締役を務める株式会社道(タオ)が、異能vationの協賛企業になること...
医学部長からお褒めの手紙をいただいた件

医学部長からお褒めの手紙をいただいた件

  医学部長からお褒めの手紙をいただいた件   ぼくは、オーストラリアで温かい医者になるという夢を追いかけています。西オーストラリア大学・医学部での勉強も後1年で終わってしまいます。卒業後は、インターン生になるわけですが、社会的にはひよっこながらも「医者」になるわけです...
Messenger icon
メッセージを送る