Dream Theater アルバム Train of Thought

Dream Theater、の過去のアルバムを振り返る(その7)

  Dream Theater、の過去のアルバムを振り返る(その7)   Dream Theaterの記事を書いたら、無性に彼らの音楽を聴きたくなった。   ということで、Dream Theaterのアルバムをひとつずつ振り返ることにした。 ...
理研・脳センターでぼくが携わった4つの仕事

理研・脳センターでぼくが携わった4つの仕事

  理研・脳センターでぼくが携わった4つの仕事   ぼくは、オーストラリアに永住する直前まで、世界最高峰レベルにある理化学研究所・脳科学総合研究センター(以下、理研BSI)でサイエンティストの仕事をしていた。ぼくが仕事をしていたころは、STAP細胞問題が起きる前だったの...
磁気遺伝学

磁気遺伝学

  磁気遺伝学   この記事では、 神経科学の発展スピードについて、 個人的な感想を述べたい。   ぼくは西オーストラリア大学で神経科学を専攻し、 日本の理化学研究所の脳科学総合研究センターで働いていた。   ...
遺伝子操作

遺伝子操作

  遺伝子操作   驚きのニュースが舞い込んできた。   人間由来の受精卵のゲノムを操作したという論文が、 科学雑誌Protein & Cellに発表された(原文はこちら)。   科学者たちは、 受精卵のゲ...
オーストラリアの医学部生が選ぶ3つの専門課程

オーストラリアの医学部生が選ぶ3つの専門課程

  オーストラリアの医学部生が選ぶ3つの専門課程   うちの大学(西オーストラリア大学)の医学生は、 2年次の後期から卒業までの2年半の間、 Research、Service Learning、Course Workの どれかひとつの専門課程を選択しな...
オーストラリアの医学生のぼくが、STAP細胞事件について考えたこと

オーストラリアの医学生のぼくが、STAP細胞事件について考えたこと

  オーストラリアの医学生のぼくが、STAP細胞事件について考えたこと   衝撃   昨年(2014年)の始めに発表された STAP細胞のニュースは、 本当に衝撃的だった。   物理の世界における ニュートンの万有引...
Science誌が選ぶ「2014年度、科学のブレークスルー」

Science誌が選ぶ「2014年度、科学のブレークスルー」

  Science誌が選ぶ「2014年度、科学のブレークスルー」   順位 タイトル(英語) 発見と偉業、ざっくりと なにがすごいの?どんな可能性があるの? 1位 Landing on a comet 隕石に着地 宇宙、地球、生命の起源の解...

ひろのお勧め記事

パースの日本雑誌Perth Expressに「ごとうひろみち」登場

パースの日本雑誌Perth Expressに「ごとうひろみち」登場

  パースの日本雑誌Perth Expressに「ごとうひろみち」登場   パースにいる日本人や日本語を勉強している人が読んでいる Perth Express 誌に「ごとうひろみち」のインタビュー記事が掲載されました。   インタビューを受けたのは...
難しさは司法試験並み?合格率10%の英検1級を90%以上の成績で合格する方法(ボキャブラリー編)

難しさは司法試験並み?合格率10%の英検1級を90%以上の成績で合格する方法(ボキャブラリー編)

  難しさは司法試験並み?合格率10%の英検1級を90%以上の成績で合格する方法(ボキャブラリー編)   ぼくは高校英語についていけなかった高校中退者である。   それでも、高校中退後の終わってしまった人生から一発逆転を狙うために、真剣に英語の勉強...
video

オーストラリア医学部の卒業式に行ってきた

  オーストラリア医学部の卒業式に行ってきた   ぼくには、「オーストラリアで温かい医者になる」という夢がある。   この夢を追いかけるために、ぼくは2014年からオーストラリアのパースにある西オーストラリア大学(UWA)の医学部に在学している。 ...
【対談】脳科学者なかたにひろのりxごとうひろみち「英語の達人になるためのヒント」

【対談】脳科学者なかたにひろのりxごとうひろみち「英語の達人になるためのヒント」

  【対談】脳科学者なかたにひろのりxごとうひろみち「英語の達人になるためのヒント」   ぼくは、オーストラリアに永住するまで、日本の理化学研究所脳科学総合研究センターで働いていた。ぼくが「日本人の英語を変える」という夢を持ち始めたきっかけは、大学院生、テクニカルスタッ...
オーストラリアの医学生が休学中にチャレンジした9つのこと

オーストラリアの医学生が休学中にチャレンジした9つのこと

  オーストラリアの医学生が休学中にチャレンジした9つのこと   2017年、ぼくは「日本人の英語を変える」という夢に取り組むために医学部を1年間休学した。2016年に奨学金をもらいながらブルームで医学研修をしていたのだが、勉強中にもこの夢が頭の中のドアをどんどんと叩い...

最新の記事