著書第1弾『ぼくが高校を辞めた理由』

 

ぼくらの関係がまだ青かった頃

なんで高校中退したの?

と、あなたは聞きましたね。

 

ぼくの中の虚栄心がムッとして

じゃあ、なんで高校に行ったの?

と、答えましたね。

 

それを聞いたあなたは

質問を質問で返すのは無し!

と、ぼくにデコピンをしました。

 

あれから長い年月が経ち

ぼくのオデコの痛みと虚栄心は

どこかに行ってしまいました。

 

あなたは

なんで高校中退したの?

と、聞いたことを憶えていますか?

 

ぼくがいま何と答えても

あなたはふ~ん、と言って

煎れたてのコーヒーを飲むだけかもしれません。

 

虚栄心がなくなったぼくは

あなたの心をお気に入りのコーヒーから

奪うことはできそうにありません。

 

だから、ぼくはまず

あなたのコーヒーカップに

小さじ2杯の砂糖を入れてみます。

 

ぼくの答えが

すこしだけ甘くなって

あなたに気に入られるかもしれないから。

 

あなたは

甘くなったコーヒーに気づいて

ぼくにデコピンするのでしょうか?

Sharing is caring!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here