オーストラリア医学部、友だちが撮影してくれた卒業式の風景

 

ぼくは、「オーストラリアで温かい医者になる」という英語ドリームを持っている。

 

この英語ドリームは、実現するまでに長い時間と膨大な努力がかかると予想される。長期的な戦いは苦手なぼくだが、入学した西オーストラリア大学の医学部(大学院コース)を修了させることができ、やっとこさのことで英語ドリームのスタートラインに立つことが出来た。

 

よかった、よかった、と喜ぶのもつかの間、医学部卒業式への出席表を出し忘れていたことが判明し、自分の卒業式に出席できないという悲劇に見舞われた。⇒過去記事「【悲劇】オーストラリア医学部の卒業式に出席できない!!

 

卒業式に出席できないのなら、何かプラスになることに時間を使おうと、ぼくは日本に緊急帰国し、

  • 総務省が「変な人をサポートする」異能vationのイベントに出席(⇒記事
  • ボーダーレス医療アプリUrDocの代表取締役社長さんと対談(⇒記事
  • 大学病院で医療英語セミナーの開催(⇒記事
  • Atsueigoのトークライブへの出席(⇒記事

などを行った。(あと、日本の友人に再会したり、数日間かけて東京の町を練り歩いたもした)

 

ぼくが日本からオーストラリアに帰国すると、医学部の友だちが「ひろ、医学部の卒業式に出れなかっただろ?だから、卒業式の動画をひろのために撮っておいたぜ」とカメラを渡してくれた。

 

医学部の苦楽を共にした友だちの心遣いに、思わず涙が出そうだった。

 

普通であれば、視聴者を楽しませるために、動画に字幕を付けたり、バックグラウンドミュージックを付ける。しかし、ぼくらが過ごしている普段の生活には、字幕もないし、バックグラウンドミュージックもない。そんな素っ気ない世界のほうが、ぼくらが長い時間居座っている「リアル」なのだ。

 

とういうことで、字幕もバックグラウンドミュージックも無い「オーストラリア医学部の卒業式のリアル」を皆様と共有しようと思う。

 

最後に、この記事を読んでいる「あなた」にも、英語で叶えたいドリームがあるはずだ。一回ぽっきりの人生をささげるなら、夢はデカければデカいほどいい。夢は小さくても大きくても、時間と努力が絶対に必要になるし、不安と苦労の質は違えど量はあまり変わらない。どうせ悩むならデカい夢に向かおうぜ。

 

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here