英語コンサル生が英検1級の一次試験に合格しました

 

異能vationの申請書も書き終わり

ぼくの時間と精神はいつものように

英語コンサル・セミナーへと戻っていった。

 

ぼくが異能vationに挑戦している間、

ぼくの英語コンサルを受けている

70歳近い生徒さんが

念願だった英検1級の

一次試験に合格した。

 

英検1級の合格率は

10%未満だと言われており、

司法試験の20%よりも低い。

(単純比較はできませんが

合格率が低いことは分かります)

 

ぼくがコンサルで行ったこと

 

ぼくは英検3級しか持っていないので

まず1級の過去問を少し読ませてもらった。

 

そして、コンサル生の希望に合った

勉強プランを立てさせていただいた。

 

短時間の準備期間しかなかったので

戦略的な勉強プランを実行してもらった。

 

まずライティングの訓練を徹底してもらった。

 

ライティングを最後に勉強する人は多いが、

実は、英語の試験で一番早く高得点を

実現できるのはライティングなのだ。

 

ライティングができるようになれば

リーディングの成績も上がってくる。

 

英語コンサルの結果

 

コンサル生はそれまで

英検1級を3度ほど受けており、

一次試験の平均点が

ライティング=40点

リーディング=40点

リスニング=30点だった。

 

勉強プランを実践したコンサル生は

今回の一次試験で

ライティング=90点。

リーディング=80点

リスニング=50点

の成績を取り合格した。

 

合計点が2倍になったのだ!。

(110点⇒220点)

 

準備期間が短かったので

対策を全くしていないのにも関わらず、

リスニングも少し点数が上がった。

 

今のところ、

英検1級一次試験には

スキルごとの足きりの点数が無い。

 

つまり、

合計点が一定基準を満たせば合格

となる。

 

このことを

最初のコンサルで教えてもらったので、

生徒さんにはリスニングを捨てるという

戦略的な勉強をしてもらった。

 

二次試験に向けて

 

生徒さんはいま、

二次試験の面接に向けて

書店の本を読み漁っている。

 

まずは、自分の思うやり方で

二次試験を受けてみたいのだと言う。

 

自分でまず考えることが大事なので

それも良い選択肢だと思いますよと伝え

遠くから生徒さんの合格を祈っている。

 

 

楽しんで~!合格できるよ~!

 

 

Sharing is caring!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here