【検証】林修氏の「幼児に英語教育は不要」は正しいのか?

 

林修氏という教育者がいる。知人によれば、「いつやるか?今でしょ!」という有名な文句を持った、東進ハイスクールの予備校講師だという。

 

東京大学法学部卒の高学歴を持つ林氏の頭脳明晰ぶりは有名なようで、「林先生が驚く初耳学!」という人気テレビ番組の中心人物である。

 

最近になって、その番組「林先生が驚く初耳学!」で発した、早期英語教育に関する林氏の一言が議論を巻き起こしているという。

 

その一言とは、「幼児に英語教育は不要」

 

というものだ。

 

ぼくは、林氏の「幼児」の定義が分からない。ゆえに、林氏の意見に賛成も反対もできない。ただ、幼児を「小学校以前の子供たち」と一旦定義して林氏の意見を考えてみたいと思う。

 

第2言語学の習得の臨界期から考えると・・・

 

第2言語の習得の臨界期(ある年齢を過ぎると言語の完全習得が不可能になる時期)は、様々な意見があるものの、だいたい7歳ぐらいだと言われている。このことは、つまり、小学校1,2年生で英語を始めても完全習得に遅くはないということになり、林氏の意見「幼児に英語教育は不要」は擁護される。

 

さらに、大人になってから英語を勉強し始めた場合でも、「外国語が日常的に使われる環境に身を置き、高いモチベーションを持って聞き取りや発音のなどの音声的な訓練を長期間行なえば、10%以上の人がネイティブ並みといえる文法・発音能力を習得できる」という研究結果がある(Wikipediaより)。これは、林氏の意見「幼児に英語教育は不要」をさらに擁護するデータである。

 

ぼくが英語を真剣に勉強し始めたのは18歳からである。それを考えれば、ぼくの第2言語の習得の臨界期はゆうに過ぎていたことになる。しかも高校を中退しているため、ほかの友達よりも学歴の点では劣っている。そのためか知らないが、ぼくの英語の発音はネイティブ並みとはお世辞でも言えない。それでも、英語の質そのものはネイティブのそれを変わらないのではないかと思っている。その「質」の土台となっているものは何か?

 

それは、思考力である。簡単に言えば、考える力である。

 

ちなみに、林氏は同番組内で「幼児期は英語よりも思考力を伸ばすべき」と主張している。

 

ぼくは林氏の意見に賛成はしない。林氏とは違い、ぼくは「英語は思考力と一緒に学ぶことが一番効果的」という考え方を持っている。つまり、林氏の「英語or思考力」という考え方ではなく、「英語and思考力」という考え方を持っている。この考え方こそが、日本政府が長年迷走しながら改革を進めている英語教育の羅針盤になるとぼくは考えている。

 

「英語and思考力」の教育を具体的にどうやって実現するかは、「なりたい自分に最短でなれる英語勉強法」の後半で触れています。期間限定で無料プレゼント中ですので、ご気軽にどうぞ。

 

 

ちなみに、第1言語学の習得の臨界期から考えると・・・

 

英語を第1言語として習得するには3歳前から英語教育をスタートさせるのがベスト、と主張しているのが元イェール大学助教授の斉藤淳氏である。子供に高い英語力を身に付けてもらいたいと思っている親御さんは、斎藤氏の著書『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語 わが子の語学力のために親ができること全て!』を読まれたい。

 

 

 

林修氏の「幼児に英語教育は不要」は正しいのか?
出典:毎日放送

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here