日本人の英語力を飛躍的に伸ばす教育(中学生編)

 

英語の勉強にはゴールが必要なのに・・・

 

英語を勉強している日本人に、「なぜ英語を勉強しているの?」と聞いてみると、「英語がしゃべれないよりしゃべれた方がいいから」「英語ができれば就職に有利だから」「英語は世界の共通言語だから」などといった、漠然とした答えが返ってきます。

まわりにいる99%の英語学習者が同じような答えをしているため、自分自身の答えを疑ったり・顧みることをすることがほとんどありません。そのため、「なぜ英語を勉強しているの?」に対するこのような答えが、その人の英語力のアップを妨げていることに気づけないのです。

 

「英語がしゃべれないよりしゃべれた方がいいから」「英語ができれば就職に有利だから」「英語は世界の共通言語だから」などの答えが、英語力のアップにつながらないことをたとえ話で説明してみましょう。

まず、あなたに、プロ野球選手の卵を探すスカウトマンになっていただきます(頭の中で)。

スカウトマンのあなたの目の前には、野球を熱心に練習する中学生がいます。将来のスター選手を探しているあなたは、その中学生の本気度を知るために、「なぜ野球を練習しているの?」と聞いてみます。

 

もし、その中学生がこんな答えを返して来たら、あなたはその少年をスカウトの対象にしますか?

 

「野球ができないよりできた方がいいから」

「野球ができればプロ野球選手になれるから」

「野球は世界で人気のあるスポーツだから」

 

もし、その少年がこんな答えを返して来たら、あなたはその少年をスカウトの対象にしますか?

 

「イチロー選手のような3割バッターになりたいから」

「ダルビッシュ選手のようなスライダーを投げる投手になりたいから」

「大リーグでゴジラ松井選手のような成績を収めたいから」

 

あなたはプロ野球の卵を探すスカウトマンとして、どちらの答えに将来の有望性・可能性を感じますか?また、なぜあなたはそちらがより有望だと判断しましたか?

 

99%の英語学習者は、自分の英語がうまくならない理由が、「なぜ英語を勉強しているの?」に対する自分の答えの中にあることに気づいていません。英語がうまくなるには、「明確なゴール」がなければならないことにまず気が付かなければなりません

 

ゴールがないせいで・・・

 

明確なゴールが無いと、なぜ英語はうまくならないのか?その理由は単純です。目的地が決まっていないのに、目的地に向かおうとすることと同じだからです。自分では前に進んでいるつもりでも、もしかしたら、同じところをグルグル回っているだけかもしれません。

また、目的地が決まっていないということは、その目的地までどのようなルートで行くかというプランも立てられないということです。英語学習における目的地までのルートプランを戦略と言いますが、「なぜ英語を勉強しているのか」という明確なゴールが無ければ、効果的な戦略も立てられません。どんなに素晴らしい戦略でも、あなたのゴールがはっきりしていなければ、それは宝の持ち腐れです。

 

英語の勉強、中学生は何をすればいいの?

 

子どもに「英語ができる」ようになって欲しいと願い、子どもを英会話スクールに行かせる親御さんがたくさんおられます。子どもの教育にお金を投資するという行動は賛辞に値することですが、中学生の子どもに「なぜ英語を勉強しているのか?」の明確な答えが無ければ、その投資は水の泡になってしまう可能性があります。

もちろん、「なぜ英語を勉強しているのか?」という答えは、一朝一夕に生まれるものではありません。ほとんどの場合、色々な経験を積んで初めて芽生えるようになります。また、芽生えた答えは、時間と経験と共に変化するものです。

「なぜ英語を勉強しているのか?」という答えを出してから英語の勉強を開始することはお勧めしませんが(英語を勉強することで色々なことを経験できるので)、答えを急ぎすぎたり、ひとつの答えに固執する必要はありません。

それでも、「明確なゴール」を持つことの大切さを子どもに伝えることは、子どもが将来英語が出来るようになるためにあなたができる大事な教育になります。理想的には、子どもに「なぜ英語を勉強しているのか?」を考えさせる英会話スクールがあればいいのですが、英会話スクールがそんなことまでケアしてくれる(重要だと認識している)とは想像できないので、やはり親の責任となるでしょう。

 

中学生の勉強はこれだけでいい

 

幼少期のたったひとつの英語の勉強の勉強を終え、「なぜ英語を勉強しているのか?」という疑問の種が植えられた中学生がやっておきたい英語の勉強はひとつしかありません。それは、グラマーです。

グラマーとは、言葉を使うルールです。英語には約20万の英単語があるため、人が自分勝手な文字の順番で話していたのでは、相手とのコミュニケーションが成立しません。そこで、相手とのコミュニケーションを円滑にするために、共通のルールが用意されています。それがグラマーというわけです。

 

中学校における英語の勉強は、このグラマーに専念すべきです。その理由はこうです。

幼少期のボキャブラリーの勉強を続けていれば、かなり多くの単語数を知っていることになります。12歳ごろのネイティブの子供が持つボキャブラリー(約5万語)には敵わないかもしれませんが、それでもたくさんの英単語を知っているはずです。

あたまの中にある沢山の英単語は、その表現法(つまりグラマー)を得るだけで、子供の頭の中から飛び出そうとします。それはまさに水(グラマー)を得た魚(ボキャブラリー)のように、その子供の中から飛び出してきます。

しかし、今の日本の英語教育は、このボキャブラリーとグラマーの勉強を一度にやろうとします。効率化を狙ったものなのですが、英単語のシャワーを幼少期に浴びていない中学生にグラマーを教えても、その子が英語を自然に話すようになることはありません。そもそも、その子の中に、ボキャブラリーから生まれる、世の中のさまざまな物、人、感情、思想、事象のイメージが無いからです。

 

子供には英語をしゃべれるようになってほしいけど、高い月謝のせいで英会話スクールにはおくれないという家族がたくさんいます。しかし、いまでは、子供にとって英会話スクールに劣らないツールが存在します。それは、スマホのゲームです。

子供を観察するとわかりますが、子供はスマホでゲームをすることが大好きです。手に取ったスマホのゲームをすぐに止められる子供は本当に少ないです。

子供にスマホを持たせない教育方針を否定するわけではありませんが、もうすでに子供にスマホを持たせている家庭は、このスマホのゲームを利用したグラマーの勉強を取り入れてあげましょう。そうすることで、自分が持っているボキャブラリーに翼を与えられるグラマーを、子供が率先して学ぶようになります

 

現在アメリカで人気のある子供用グラマーアプリ(iPhone)をリストアップしておきました。やり方が分からなくても、子供に「英語のゲームだよ」って渡しておけば、「わーい、やってみたい!」と言って、自分でやり方を探し始めるはずです。あ、ちなみに英語のゲームは英語でやることをお勧めします。英語への精神的な抵抗が減ります

ここで挙げているものは、Grammar Upを除けば、どちらかと言えば低学年用です。これをすべてやれば全てOKというものではありません。中学生の子供が熱中できるグラマーアプリにたどり着けるといいですね。

高学年・高校生・大学生・社会人向けのグラマーアプリを知っている人は、この記事の下のコメントでシェアしてあげましょう。また、Androidのアプリを知っている人も、コメント欄にてシェアしてあげましょう。Sharing is caring!!

 

iPhone アプリ
Kids Vocabulary, Grammar & Language learning games(無料)

10 Minute English (無料)

Learn English, Speak English(無料。追加コンテンツ有料)
 Sentence Builder ($5.99)
中学生がやっておきたいたったひとつの英語の勉強

Grammar Up ($12.99)

 

 

日本人の英語力を飛躍的に伸ばす教育戦略

 

小学生がやっておきたいたったひとつの英語の勉強

中学生がやっておきたいたったひとつの英語の勉強(↑の記事です)

高校生がやっておきたいたったみっつの英語の勉強

大学生がやっておきたいたったひとつの英語の勉強

社会人がやっておきたいたったひとつの英語の勉強

シニアがやっておきたいたったひとつの英語の勉強

企業・政府がやっておきたいたったひとつの英語の教育

 

英語力を上げたい人は

 

ぼくが期間限定でプレゼントしている、アマゾン書籍『高校中退から豪州医学部へ』もチェックしてみてください。才能無し・コネ無し・カネ無しのぼくでも、海外で生活できるようになった英語上達術も書籍と合わせて公開しています。

 

↓↓ボタンをクリック↓↓

人生を変える最強英語勉強法をゲットする

 

 

Sharing is caring!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here